わかりやすく解説 Uber Eats 現金払い配達について

UberEats

UberEatsは直接お客さんから、現金の受け渡しをする配達があります。
いわゆる現金配達と呼ばれるものです。

現金配達って何が必要?どうやるの?

今回は現金配達をする上で必要なポイントをまとめてみました。
これから現金配達に挑戦する方、興味がある方は是非ご参考にしてみてください

現金払い配達の条件

現金配達の条件(一つでもクリアすればOK)

クレカ/デビット登録
40件配達達成

【クレカ/デビット登録】について

現金配達では現金額をUber運営が配達員から徴収します。
基本的に【週の売上】から徴収されますが、不足した場合【クレカ/デビット】が使用されます。

ちなみに、クレカの引き落としはポイントが貯まるのでお得です。

【40件配達達成】について

40件配達を達成すると自動的に現金配達ONになります。
自動的に現金配達ONになるので、気付かず現金案件を受けていたっという事態に陥ります。

必ず40件配達を達成した時点で設定を確認してください。

釣銭枚数

5000円×1
1000円×15
500円 ×5
100円 ×20
50円  ×5
10円  ×10
5円   ×5
1円   ×10

この枚数揃えたら釣銭に困ることは基本的にありません。

給料日は一万円札の出現率が上がるので、コンビニなどで崩す手間を強いられることがあります。逆に小銭は増加の一途なので困ることはないです。

スリコ
スリコ

連続で一万円札だされると焦ります

釣銭用のコインケース

私が使用しているのはダイソーのコインケースです。
釣銭枚数を十分に保管できて、手渡しもスムーズに対応可能です。

下段にお札を入れるスペースがあり、コインケース一つで全て収納できます
お札を取り出す手間が嫌な場合は、別途に入れ物を用意してもいいと思います。

現金設定ONはすべき?タイミングは?

現金配達をONにすべきか?収益に影響がでるのか?
という疑問が生じると思います。

実際のところ、私は殆ど現金配達をしておりません。

・ON/OFFで配達件数に差がない
・小銭が増えて処理に困る
・釣銭装備で荷物が増える

これは現金配達を30日稼働して判断しました。以外に配達件数に差が無いのと、手間と荷物が負担に感じたので現金配達で稼働するのを辞めました。

ただ、現金需要が多い地域や閑散期(2月・4月・10月)などはONにしたりしてます。状況によって使い分けるのが吉です。

まとめ

以上、現金配達のご紹介でした。

基本的に報酬が増える事があっても減ることはないですから。手間と報酬を天秤にかけて判断してみてはどうでしょうか!!それでは良い配達ライフを!!

この記事を書いた人
スリコ

ブログの管理人です。
2022年にUberEats配達員登録しました。SURIKOBLOGではフードデリバリーネタに加え、自転車、カメラなどのガジェットを中心に取り上げていきます。

スリコをフォローする
UberEats
スリコをフォローする
SULIKO BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました